沖縄県金武町での暮らし -キンキンキラキラな毎日-

そこそこ大人女の大阪→沖縄移住。何もないと言われてる金武(きん)という町で金武の魅力を探す旅

2016 10/12

沖縄で田芋&フルーツ加工工房を開設するまでのロードマップ Vol.3

思いもよらず、沖縄県は金武町で田芋やフルーツをはじめ地元の農産物の加工商品を作ることになりました。
レイチェルクーのパリの小さなキッチンような愛されるスペースを目指して!沖縄の小さなキッチンを作りたい!
営業許可取得までを備忘録として綴っていくシリーズ第三弾!

第一弾第二弾は←コチラです。

前回、営業許可を取得するには営業施設の設備基準をクリアしなくてはならないことを書きました。

そう、私にとって最大の難関が洗浄設備!

私が借りようとしているキッチンは既に一つシンクがついているのですが↓
田芋加工工房

設備基準によるとこれにあと最低二槽以上+手洗いをつけなくてはならない....合計三つか....

なるべく、工事費を抑えたいというのは誰もが思うことでして、設置場所をあれやこれやと考えるもらちが明かず、何とかならないものかと、保健所へ相談すると、この設備基準は飲食店舗(カフェとか)としても含んでいるので、私がやろうとしていることであれば、追加として一槽シンクに手洗いの合計二つでOKとのことでした!O(≧∇≦)O イエイ!!

*追記として、食器洗浄器を導入すれば、それは一槽としても認められるそうです。ハイ、そんなことは書かれておりません(爆)相談しながら得た情報です^^。
つまり、どういうことかと言うと、仮に将来ここをカフェのキッチンとして使うのならば、あともう一槽必要となるのですが、この一槽の代わりとして食器洗浄器を追加すれば大丈夫ですよ!ということです。

ということで!コンロと設置済みのシンクの間の調理台をくり抜き一槽シンクをはめ込み、右端の空きスペースに手洗い器を設置すれば、水道の配管が一本で済むんじゃないの~?!コストも抑えられる!と浮かれ足で、新たなシンクを発注致しました。

しかし、良かった.....^^
このキッチンは、返却の際は元の通りにしてお返しする予定なので、あまりにいじっちゃうと後が大変なので....(TT)
一番心配していたところですが、一歩前へ前進しました!

シンクが届き次第、工事の相談を行う予定です!

続きはまた!

本日もお読み下さりありがとうございました!

ハイビスカス


移住生活 ブログランキングへ


関連記事

スポンサーリンク

この記事と関連する記事

沖縄で田芋&フルーツ加工工房を開設するまでのロードマップ Vol.3

沖縄金武町営業許可自宅工房田芋タームレイチェルクー

スレッドテーマ : みんなに知ってもらいたい ジャンル : 日記

(0)TB(-)

AFTER「創立60周年沖縄銀行のキキララ通帳とビギンの「苗」

BEFORE「宜野座村の一棟貸し!「海燕別館」でこんな旅もまた良し!

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top